お知らせ

2014/5/6

ニュース中古住宅に耐震補強をすることで「税優遇」が受けられます。

中古住宅(特に旧耐震基準の木造)に耐震補強をすることで「税優遇」が受けられます!

■ その①登録免許税の軽減!(住宅取得決済前に市町村窓口に手続きが必要です。) ■
建物所有権移転:2.0%→0.3%
抵当権設定:0.4%→0.1%
(登録免許税関係・国土交通省住宅局長通知-別添4様式)

条件①:築後20年を越えない戸建住宅は無条件です。
条件②:築後20年を越える戸建住宅は、耐震適合証明書の提出。
※耐震適合証明の発行には、次の手続きが必要です。
耐震診断→結果、補強が必要な場合は補強→耐震証明書発行発行


■ その②ローン減税
10年間で最大400万円
(国土交通省住宅局長通知-別添4様式)


条件①:既存住宅売買瑕疵保険付が保されている住宅。(雨漏れなど劣化事象がない住宅)
条件②:昭和56年5月以前の建物の場合は、耐震性を確保した上で、既存住宅売買瑕疵保険を保す必要あり。

 

詳細は弊社担当窓口までお問い合わせください。

▼お問い合わせ先
https://www.daikenhome.gr.jp/contact/inquiry/

 

お知らせ一覧へ戻る

PAGE TOP